温度について

花など植物を育てるときには置き場所以外にも温度管理も非常に重要となってきます。人間にとっては快適に過ごせるような環境でも植物にとったら過酷な環境だったということは十分考えられますから注意しなくてはなりません。

水やりでは、胡蝶蘭を育てるときにはどれくらいの温度にしておけば良いのかということですが、胡蝶蘭の原産地は高温多湿な地域ですから、夏のあいだは特にこれといって気を付けることはありません。ただ、冬の時期は注意が必要となりますからきちんと温度管理をしてあげましょう。

冬の時期になるとエアコンをつけると思いますし、暖房によって部屋の湿度が下がってしまいます。空気が乾燥しやすくなりますし、これが胡蝶蘭に影響してしまうのです。湿度が低くなりすぎてしまうと花弁が変色する恐れもありますし、成長を妨げてしまうこともありますから適度な湿度を保たなくてはなりません。湿度を保ちたいのならやはり加湿器などを設置するのがもっとも手っ取り早いですから、可能なら加湿器を導入して適度な湿度を持たせておきましょう。また、一日に数回ほど霧吹きで水やりをしてあげるのも忘れないでください。冬の時期に胡蝶蘭が傷んでしまったという話はよく聞きますから十分注意してください。

置き場所

胡蝶蘭の育て方を学ぶうえで置き場所は非常に重要な部分です。胡蝶蘭をどこに置いて育てるかによって寿命も変わってきますし、美しさを維持できるかどうかも変わってきますから注意しなくてはなりません。

場所では、胡蝶蘭をいったいどのような場所に置けばいいのかということですが、基本的には風通しの良い場所に置くということになります。もともと胡蝶蘭は木漏れ日がさしこむような明るい日陰でひっそりと咲いている花ですから、できるだけその環境に近づけてあげれば長く胡蝶蘭を楽しむことが可能になるでしょう

贈り物として胡蝶蘭を貰ったときにはたいてい室内で管理することになると思いますが、室内に飾るときもできるだけ風通しを意識した置き場所を考えなくてはなりません。風の通り道なども考慮して置き場所を考えましょう。また、風通しが良い場所に置くのは非常に重要なことですが、それともう一つ同じくらい大事なことがあります。それは日光が当たる場所に置くということです。胡蝶蘭は光合成によって栄養分を蓄えていきますから、太陽の光を浴びることができないと元気がなくなってしまいます。風通しが良いだけでなく、日光を浴びることができる場所に飾ってください。最後は温度について説明します。

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭と言えば華やかな見た目で高い人気を誇る花として知られています。贈り物によく用いられる花としても知られていますし、お祝いごとなどでよく贈られる花という印象を持っている方もおられるでしょう。数ある花の中でも独特の存在感を美しさ、華やかさを持つ花ですし、あらゆるシーンで胡蝶蘭が贈られることがあります。これまでの人生の中で胡蝶蘭を貰ったことがあるという方、贈ったことがあるという方もおられるのではないでしょうか。

胡蝶蘭胡蝶蘭はランの一種ですが、洋ランの中でも花が大きくてそこがまた魅力的だといわれています。ゴージャスな印象ですし、まさにお祝い事にはピッタリの花と言えるでしょう。空間の中に胡蝶蘭が飾られているだけで見栄えが良くなりますし、だからこそオフィス移転などのときに贈られることも多いのです。また、胡蝶蘭は手入れしやすい花としても有名で、鉢を植え替える必要もなく肥料なども特に足さなくていいというのが人気の理由です。

高い人気を誇る胡蝶蘭ですが、これから胡蝶蘭を育ててみたいという方もおられるでしょう。貰った胡蝶蘭を大切に育てたい管理したいと思っているもののどうすればいいのか分からず困っているという方もいるかもしれません。そこで、このサイトでは胡蝶蘭の育て方に関する情報を発信したいと思います。胡蝶蘭を育てたいけど育て方が分からない、キレイに維持したまま育てたいと考えている方はぜひこのサイトを最後まで目を通してください。