置き場所

胡蝶蘭の育て方を学ぶうえで置き場所は非常に重要な部分です。胡蝶蘭をどこに置いて育てるかによって寿命も変わってきますし、美しさを維持できるかどうかも変わってきますから注意しなくてはなりません。

場所では、胡蝶蘭をいったいどのような場所に置けばいいのかということですが、基本的には風通しの良い場所に置くということになります。もともと胡蝶蘭は木漏れ日がさしこむような明るい日陰でひっそりと咲いている花ですから、できるだけその環境に近づけてあげれば長く胡蝶蘭を楽しむことが可能になるでしょう

贈り物として胡蝶蘭を貰ったときにはたいてい室内で管理することになると思いますが、室内に飾るときもできるだけ風通しを意識した置き場所を考えなくてはなりません。風の通り道なども考慮して置き場所を考えましょう。また、風通しが良い場所に置くのは非常に重要なことですが、それともう一つ同じくらい大事なことがあります。それは日光が当たる場所に置くということです。胡蝶蘭は光合成によって栄養分を蓄えていきますから、太陽の光を浴びることができないと元気がなくなってしまいます。風通しが良いだけでなく、日光を浴びることができる場所に飾ってください。最後は温度について説明します。